サバイバル資金とロケーション:非常時に備えた生活防衛資金のロケーション

スポンサーリンク
valavg 728×90

水瀬ケンイチさんの、東日本大震災でわかった「生活防衛資金」の必要額と最適商品という記事を拝読して、非常時に備えて、生活資金・生活防衛資金のロケーションを見直します。非常時用のサバイバル資金を、生活圏に密着した銀行に確保しておくことにしました。

非常時を考えるとネット銀行だけに依存するのは危険

現在の、私の生活資金・生活防衛資金のロケーションは、

  • ネット証券会社の個人向け国債(変動10年)に50%程度
  • ネット銀行の普通預金45%程度
  • 信託銀行に5% 程度(返済用口座として)

となっています。

世帯単位では、他に、妻の金融資産として都市銀行の普通預金があります(あるはずです)。

平常時のお得度、利便性を重視した結果、流動性資金はネット銀行に集中してしまっています。

都市機能が麻痺してしまうような非常事態を想定すると、ネット銀行への集中依存は非常に危険です。

電源、通信機器、通信回線を喪失しているかもしれないし、人手の面でもまったく期待できません。

生活圏に密着した銀行も活用する

備えとして、生活圏に密着した銀行の普通預金口座に、最低2週間は生き延びられる資金=サバイバル資金を確保しておくことにします。いざというときに頼りになるのは、やはり人間ですから。

具体的には、生活圏に支店の多い都市銀行と、ゆうちょ銀行に、それぞれ最低30万円くらいを預けておきます。

スポンサーリンク
valavg 336×280
valavg 336×280

フォローする